ながた茶店オンラインショップ

プロフィール

長田吉太郎

Author:長田吉太郎
長門屋十二代目、長田茶店七代目の四代目吉太郎です!
抹茶とモルト酒が好きな32歳はただいま街おこしの勉強中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林そば


創業92年目になる老舗のそば屋さん。

大正9年から鯖節の甘辛いつゆにそば粉の香りが力強く鼻孔の奥を差す、やみつき蕎麦だ。

場所は東倉吉町から西倉吉町に抜ける笑い通り商店街の横。

余談だが、この土地では「うどん屋」さんが少ない事に気が付きますでしょうか。

米子や松江では「蕎麦屋」さんの中にうどんメニューがあり、鳥取市ではうどん屋さんの中に蕎麦メニューが多い。

ってな感じで今日の一言!「本日はさっくりといきますよ」

ちなみに写メは「ゲソ天そば」600円、「ゲソ天うどん」なら500円でございます。
笑い市限定の「ちょっこしそば」なら200円でございます
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。