ながた茶店オンラインショップ

プロフィール

長田吉太郎

Author:長田吉太郎
長門屋十二代目、長田茶店七代目の四代目吉太郎です!
抹茶とモルト酒が好きな32歳はただいま街おこしの勉強中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

義を見てせざるは勇なきなり



古い?いやいや新しいというか、不変のもんです。 
昔の教訓がぎっしり詰まった古書の総称。 
それは「古典」。
中国、ギリシア、ローマ、メソポタミアの書物などが有名。
 
でも、ここはアジアなので、古典と言えば中国です。有名なのは、「孔子」「孫子」などなどですが、私が好きなのは「孟子」。
詳しくはお調べください。 
古典ではないが、名言として、「1人がみんなのために、みんなが1人のために」ってよく聞きますよね。三銃士の名台詞としておなじみですし、スクールフォーズでよく聞かれた方も多いはず。でも、三銃士はフランス王ルイ13世の1600年代の方々、言葉が出来たのは、1800年代のイギリスでございます。 
 
それは、イデオロギーが盛んに叫ばれていたイギリスで書かれたフィクション「ダルタニャン物語」が元だからです。 
よい言葉は引き継がれ、再利用されているのが良く分かるお言葉。 
 
で、古典。
 
紀元前の物も多いですが、実は、現代の経営に活かされる事がぎっしり詰まったもの。
昨日はその勉強会でした。  タイトルは孫子の言葉ですが、胸が痛いですな。 
で、今日の一言!「ブタもおだてりゃ木に登るは、タイムボカンから生れた名言です。」